2016年4月16日土曜日

♦ ヒスタグロビン療法 ♦

皆様、ヒスタグロビン療法をご存じでしょうか?

ヒスタグロビンとは・・・

アレルギー体質を改善し、症状をでにくくする根本治療薬です!

(アレルギー性鼻炎・アトピー性皮膚炎・蕁麻疹・慢性湿疹・気管支喘息

・花粉症予防など)



ヒスタミンの抗体をつくり、アレルギー反応でヒスタミンが生産されても

耐性ができて反応を抑えられます。

皮下注射で、1週間に1回 続けて5回注射します。

その後、4か月に1回注射すると効果を維持できます。

血液中で免疫作用を持つガンマグロブリンを成分にしているため、

特定生物由来製剤となっています。(献血できなくなります。)

製剤特性上、血液感染を心配される方もいらしゃいますが、

ウイルス感染の血液が使用できないように製品は厳重な検査を

されている物です。

でも、心配な方は診察時ご相談くださいませ^^

花粉症予防の方は、シーズンの半年前から注射されることをお勧めします。